ノート冊

1277現在のオンライン
39今日の読書
44今日のシェア
多言語ディスプレイ

指輪を身につけないで長い時間どれらの悪い所がありますか?

2018-05-11 04:48:25

多くの人が指輪を身につけて、その装飾の作用以外、またそれが常にある記念の意義を持つためです。すると、何年も何十年もはめたままになってしまうことも珍しくありません。しかし、健康のためにも指輪ははめたり外したりしたほうがいいと、健康の専門家はアドバイスしています。何年も、何十年も指輪をはめていて、一度も外したことがない人も少なくありませんが、その習慣はよくありません。加齢とともに指の関節が退化し、変形して大きくなっていくと、指輪が取れなくなることがあるからです。時間が経つと、血液が回らなくなって指が腫れ、指の病気を引き起こすことがあります。高齢者の中には、滑り落ちないように赤い糸を巻いてきつくはめている人もいますが、これはもっといけません。高齢者は関節が老化していく過程で、骨膜が厚くなったり、軟骨が増殖したりして、一夜にして指が腫れることも珍しくありませんし、むくみが起こると指輪で指が傷つくこともあります。ですから、外すのが困難な高齢者は、指輪をはめてはいけません。また、生活の中で起こるちょっとした事故によっても、指輪は指を傷つける犯人になることがあります。ある患者さんは、ちょっとした事故で指に怪我をしてしまい、その指にはめていた指輪が取れなくなってしまったのですが、本来ならそれほどでもないのに指輪が取れなくなって血流が悪くなり、危うく指が保てなくなってしまったのです。そこで専門家はこうアドバイスします。指輪は必要な場合を除き、普段はつけないほうがいいですし、はめる場合もゆったりしたサイズのものを選びましょう。また、寝るときに指輪をはめている人もいますが、これもよくありません。一般的に健康な人は、朝起きてから軽度のむくみになることがあります。むくみが起きてから時間が経っていないにもかかわらず、夜寝る前に指輪を外さないと、朝のむくみで指が静脈にひっかかり、静脈の血流が悪くなって腫れ、手指の病気を誘発しやすくなります。そのため、寝る前に指輪をはずしておくことで、余計なトラブルを避けることができます。

推奨情報