ノート冊

1277現在のオンライン
39今日の読書
44今日のシェア
多言語ディスプレイ

グリーエアコンE6通信障害箇所の確認方法です

2018-01-13 09:36:00

エアコン整備士として、グリコインバーターエアコンのE6故障コードが通信障害であることはよく知られています。資料によると、通信障害の原因はいくつかあります。今日は外机板の3つのランプの表示状況から、通信障害点E6コードの確認方法をお教えします。

工具/原料です
1

マルチメーターです

2

ペンチです

方法/手順です
1

まずマスターメーターの交流電圧のファイルで外机の電気箱の配線板の上でN(1)と3の間の電圧をテストして、もし電圧がなければ内机側の配線板が電気があるかどうかを検出して、もし内机側の配線板が電圧がなければ内机の配線が正しいかどうかを検査して、さもなくば内机のコントローラを交換します。b.室内机の電源供給が正常であれば、室外机の配線が正しく接続されているかどうかをチェックします。c.上記2つがない場合は、外机コントローラを交換することができます。

2

3灯のいずれか1灯または復数灯が常時点灯外机板が常時点灯する場合、一般的に外机コントローラ上の主ICが働作していないため、直接外机板を交換します。

3

青信号の正常な点滅a、マルチメーターの直流電圧のファイルでR501の上端の地(ラジエータ)に対する電圧をテストして、もし電圧がいつも高いレベル(3.3Vぐらい)あるいはいつも低いレベル(0Vぐらい)の場合は外机チップあるいは通信回路の故障を説明して、直接外机コントローラを交換します。b、もしマルチメータで測定した値は0V ~ 3.3Vの間で、電源を切った後にマルチメータで容量C504の両端の抵抗値を測定する必要があります。もし抵抗値が数百Kあるいはもっと大きいなら、外机コントローラは問題なく、内机コントローラを交換する必要があります。C504の両端が数十K以下の場合はC504容量破壊となり、この容量を高圧タイル容量103/1 kv(符号番号3332000130)に交換する必要があります。ここでは通常のタイル容量103を直接交換することはできません。

4

ただ赤いランプaを点滅して、マルチメータの直流電圧のファイルで測定しますC503両端の電圧、もし電圧の値が0 ~ 3.3Vの間、説明する内机は信号を送信したが、外机は受信していない、直接交換することができます外机板。b、C503の両端の電圧が常に高レベル(3.3Vぐらい)または常に低レベル(0Vぐらい)なら、外机の接続板上の中間の通信線(2)とゼロ線(N1)の間の電圧を測定することができます。電圧が0Vから20Vぐらい跳ねるということは、内机が信号を送って、外机が受信していないということです。変化がなければ、内機が信号を送ったり、通信線が遮断されたりしていないことを意味します。通信線を点検するか、内機の制御装置を交換します。

注意事項です
1

外板の3つのランプの表示状況から判断します

2

またご不明な点がございましたら、お問い合わせいただくか直接お手紙nb‐greeをお探しください。

推奨情報