ノート冊

1107現在のオンライン
171今日の読書
41今日のシェア
多言語ディスプレイ

自分に合ったサイトを選びます

2018-05-14 01:36:24

自分に合ったサイトを選び、その中からいかに優れたものを選んで、お金を払っても満足のいくサービスが手に入らないようにするかです。

工具/原料です

インターネットです

手順/方法です。
1

実際のサイトの事例を見て、実際にサイトを作っているかどうかを確認すると、サイトの一番下に「デザイン・製作:××××」や「技術支援:××××」と書かれています。サイトによっては偽の事例が作られている可能性もあります。

2

ウェブサイトの選び方は、自分のサイトだけではなく、他のクライアントのために作るべきサイトの事例を見て選びます。ウェブサイトを作っているのは誰かがデザインしてくれるからです

3

大雑把な仕事を信用してはいけません。彼らはあなたの仕事を取りたいだけかもしれませんが、サービスのことは考えていません。だから、好きなようにあなたに約束します。

4

サイトの例はスクリーンショットの小さな図だけでは問題を説明できません。必ず顧客のサイトの正式なリンクがあって、必ず顧客のサイトを見てください。一般的なウェブサイトのインターフェースが縮小した後なため、効果はすべて悪くないように見えて、多くの詳細は更に見えません;また、お客様のために作るべきサイトに実際にアクセスすることで、サイトへのアクセススピードを把握します。デザインだけではなく、きちんと責任感を持ってページを作っているか、効果を最小限に抑えてアクセススピードを上げているかどうかも、ウェブサイト作りの作業の精緻さをチェックする重要なポイントです。

5

サイト開発の比較費用を選ぶ際に比較すべきなのは、「費用対効果」であり、同じ費用で最高の結果が得られるかどうかです。

6

サイトの見積もりだけを見ているのではなく、サイトのクオリティは必ずコストにかかっていますから、低見積もりでは優れたサイトのデザインや製作はできません。サイト構築の技術要件は高くありませんが、開発者の経験は非常に重要なので、多くの人々がサイトを行うことができますが、学生と専門的なサイトの設計と開発に従事してきた数年間の最終的なサイトの効果には違いがありますし、人件費も異なります。

注意事項です

今はサイトの建設サービスをたくさん提供していますが、サイトの設計、水の見積りを作成するのはとても違います。選ぶ前に考察や分析をしておきます。

推奨情報