ノート冊

554現在のオンライン
171今日の読書
41今日のシェア
多言語ディスプレイ

IT史上、先進国の失敗者です

2018-05-14 03:12:04

IT史上の先進的失敗者これまで、この世界で失敗した技術は、「技及ばず」のために人々の目から消えてしまったという、多かれ少なかれ運命的なイメージがありました。それは、有名大学に入ったからといって、必ずしも中卒よりいいとは限らないのと同じように、少し偏った意識です。ITの世界でも、技術的には圧倒的に優れていても、市場から逃げ切れない製品があります。イリジウムとは、米モトローラが1987年に提唱した、衛星通信システムによる世界的な通信方式で、地球を周回する66基の低軌道衛星網からなる世界規模の衛星移動通信システムです。既存の地上ベースのセルラー無線通信の限界を超えて、音声、データ、ファックス、ページング情報を宇宙からあらゆる地域、あらゆる人に提供します。南北両極を含む全地球をカバーすることができ、これまで世界で最も広い範囲をカバーする衛星通信システムです。1998年5月には全ての任務を完了し、11月1日には全世界での通信を開始しました。しかし、モトローラがイリジウムをようやく実用化したときには、運命は大冗談で、従来型が完全に市場を支配していました。イリジウムは安定した顧客基盤が形成されていないことから多額の赤字を計上し、借入金の利息も支払えない状態となり、破産保護を申請してサービスを終了することになりました。>>後継GSM、CDMA1992年OS/2、デスクトップを占有する可能性がある別のオペレーティングシステムIBMのOS/2は、最初の実用的なマルチタスクのオペレーティングシステムOS/2マイクロソフトとIBMの共同開発、後にIBMが単独で完成したオペレーティングシステムです。1992年にリリースされたバージョン2.0は、PC上で動作する最初の本格的なマルチタスクosでした。それ以前のDOSはシングルタスクのosでした。たとえば、一方通行の道路では同じ方向に1台の車しか走れないのに対し、マルチタスクの場合は道路を広げて、同じ方向に複数の車を走らせることができます。より満足なのは、全体のシステムがダウンしていない場合でも、ミッションの操作に失敗した場合は、道路上の車は、全体の道路システムの麻痺につながることはありません停止します。OS/2で提供されるDDEとスクラップブックを使ってプログラム間でデータを交換することができます。完全オブジェクト指向の操作インターフェースを採用し、操作が簡単になりました。これに対してマイクロソフトは、Windows95がインタフェースをリリースするまでオブジェクト指向になりませんでした。OS/2の欠点も明らかです。一般ユーザーからすると、一つは使いやすさの問題で、インストールが簡単ではなく、ドライバのインストールはさらに難しくなります。2つ目は、当時のパソコンの性能があまりにも悪く、数Mメモリーのモデルが一般的だったため、OS/2を動かすには力不足だったことです。Windowsの強力な攻撃の下で、OS/2は徐々に個人向けデスクトップシステムから撤退してビジネスに移行し、2005年12月23日、IBMはOS/2の販売とサポートを終了すると発表しました。>>後継Windowsシリーズ1995年NC、オラクルが火をつけました基本的にコンセプトとして存在するNCNC (NetworkComputer)はオラクルが1995年に提唱したコンセプトです。主な特徴は、ハードウエアがパソコンに比べて大幅に簡素化され、ハードディスク、フロッピー、光学ドライブなどのストレージがないことです。インターネットでアクセスし、アプリケーションやデータもサーバーに保存することで、ハードコストとソフトコストを削減することができます。NCはシステム管理員がまとめて管理することができ、一人の管理員が何百、何千のNCを簡単に管理することができ、メンテナンスコストも削減できます。NCの重要な特徴はプラットフォームの無関系性です。そのソフトウェアは机械コードではなく、汎用の中間コード(Javaなど)です。このコードはハードウェアから独立しており、プラットフォームを使用するソフトウェアの問題がありません。さまざまなメリットが市場の頂点に押し上げることはなく、市場でオラクルに火をつけられて跡形もなく消えてしまいました。これは将来のニーズを見拠えたもので、ネットブックのような「軽い」インターネット機器の誕生を予告しています。>>後継者の雲のディスク、雲のOS、ネットブックと知能1996年ICQ、かつてのボスの数はその主のIMの創立者ICQ1996年、BP机と大哥大風行の年代です。イスラエル人のヴィスグ、ワディ、ゴールドフィンガーの3人が集まって、インターネット上で人と人が素早く直接交流できるソフトウェアICQ、「ISEEKYOU」を開発することにしました。ICQは、インターネット上でのチャット、メッセージの送信、ファイルの転送などに対応しています。これにより、世界中の異なる地域の2人がインターネット上で知り合って交流することが可能になりました。アイデアでユーザーを集め、7カ月で公式ユーザーが100万人を突破しました。IM市場では一人勝ちでした。いても80%のシェアを占めています。1998年、米国オンライン(AOL)がICQを買収して発売したバージョンには、より多くの機能が搭載されていました。検索、電子メールなどの機能を組み込み、ソフトウェアを肥大化させました。今でこそIMソフトが主流になっていますが、当時のネットワークの帯域幅やスペックを考えると、ユーザーが我慢できないのも不思議ではありません。「広く糧を積んで、ゆるやかに王を称せ」、AOLは本当に中国の大先輩に学ぶべきです。一方で、IM市場の大きな可能性を見て、模倣者が増えています。例えば英語系の国はMSNMessenger、Skypeを出して、バンドルしてあるいは広告などの手段によって市場を蚕食します;英語圏以外の国々では、現地化されたソフトを駆使して都市を攻略しています。OICQ(前身)はその最たる例です。前に狙撃、後に追っ手あり、一時は四面楚歌となり、ICQのシェアはどんどん落ちていきました。そして二〇一〇年に再びオーナーが変わり、DSTに買収され、「息子」まで入札に参加しました。>>後継者:、Skypeなどを大いに発揚1999年マイクロソフトの「ビーナス」計画、腕を切って生きようとする模範真の「ビーナス」計画は実現したことがありませんコンピュータの価格が高い1990年代、マイクロソフトは1種のWebTV解決方案を提出しました:モニターの代わりにテレビでインターネットのページを見ています。中国では「ビーナス計画」と呼ばれていますテレビ商と協力して、組み込み式WindowsCEの操作系統の簡略版のトップボックスあるいはVCD机を使用して、テレビを通じてインターネットを利用して、中国の膨大なテレビを十分に利用することができて、それによって中国の大多数のそうでない消費者にすばらしいインターネットの世界を味わうことができます。コストはパソコン1台の5分の1程度です計画は「ビーナス」のように美しく見えますが、マイクロソフトは一つ忘れています。ビーナスは腕が折れているから美しいのです。マイクロソフトが美しくなるには、まず腕を切らなければなりません。その切断された腕は、もちろん、最終的にはサバイバルのためです。当時の中国のインターネットインフラの貧弱さと料金の高さは、多くの人々に「インターネット」への興味を失わせました。テレビの低解像度は中国だけでなくアメリカでもウェブを見るのを妨げています悲運のマイクロソフトは、ビーナス計画の失敗を宣言しました。>>現在人気のある各種のテレビボックスの後継者2000年Zipドライブ、ソフトドライブの考え方、失敗の運命はかつてのいくつかの高級机械の上に配置されたZipドライブとZipディスクの容量1.44M、時々現れる悪路、死ぬほど遅い転送レート、ますます大きくなるプログラムの前でフロッピー転送を無力化させる歴史的使命は終わった。IomegaがZIPドライブとZIPディスクを携えて登場しました。むしろ、フロッピードライブの延長線上にある、ある意味フロッピードライブの延長線上にある設計であり、低速で容量が小さいというフロッピーディスクの弱点を見事に解決しています。750MBの容量と7.5MB/Sという最高のデータ転送レートは、フロッピーディスクの完璧な代替品のように見えます。設計上の問題から、ZIPドライブは単体で購入する必要があり、ZIPディスクは1枚10ドルという法外な価格でした。どちらもZIPドライブの普及を不可能にしています。そのころusbメモリやリムーバブルハードディスクは、携帯性やコストパフォーマンスの良さから、市場を獲得していきました。「既生瑜、何生亮」ですよ。後継usbメモリ、リムーバブルハードディスクのような敗者は他にもたくさんいますが、紙面の都合上、有名なものだけを挙げておきます。MSNMessengerはマイクロソフトが提供しているメッセンジャーで、かつてはホワイトカラーのファンでした。中国でMSNを使っていることと、春の雪とチリ人の身分の違いの一つです。しかし、ニーリパの人々は、春の雪を数で勝ち抜くことができました。Skypeは伝統的な音声通信のターミネーターとして登場しました。ずっと無料音声通信を打ち出しており、この機能で一発勝負をしています。2011年5月にマイクロソフトに85億ドルで買収され、MSNの代替となりました。TabletPCモバイル市場は、マイクロソフトが早くから注目していました。1991年にWindowsforPenComputingという手書き機器向けソフトが発売されましたが、キーボード、メモ書き、筆勢操作、手書き認識などを使ったペン操作が可能でした。2000年11月、マイクロソフトは「TabletPC」というコンセプトを提案して完成機を作りましたが、高価であり、重量感があり、耐久性も短いため、出荷台数は限られていました。一方、アップルのIPodは大ヒットしました。マイクロソフトはモバイル時代を意識してきましたが、PCの発想でモバイルをやっていると、結果は明らかです。デジタル音楽製品DataPlayは、CDの代替者の顔として世に出て、未来のデジタル音楽盤とされています。体積はCDの1/4、容量は通常のCDの2/3で、書き換えが可能です。技術的には、確かに素晴らしいです。市場には遅すぎましたマイクロソフトがIEをバンドルするまでは,Navigatorは単独でした。IEがWindowsにバンドルされたとき、AOLに買収された影響でネットスケープは脅威を感じました。Netscape6は2000年11月の時点では,速度や見た目の面ではIEより優れていましたが,バグやブラウザの立ち上げに時間がかかりすぎたため,一部のユーザーが製品を手放すことになりました。そこでマイクロソフトは、2012年6月にノートとタブレットという二つの製品を創造的に融合させた「Surface」を発表しました。Surfaceは強力な性能、クリアな画面、エレガントなデザイン、拡張性、キーボード対応で、Windowsタブレットのベンチマークとなっています。パートナーはコンピュータ産業をダメにすると強く反発しました。マイクロソフトはすでにPCメーカーと競合関係にあります。blackberryは従来フルキーボードのデザインを採用していましたが、BlackBerry6ではユーザーインターフェースを再設計し、タッチスクリーンとタッチパッドをシームレスに切り替えられるようになりました。しかし、気がつくと、ブラックベリーの市場は、もはやブラックベリーの世界ではありません。

推奨情報